ヘルパー歴30年以上の母の話

本当の事を言うと30年イヤもっと前からかもしれません。
私が子供の時からそんな仕事をしています。

 

今でもヘルパーの仕事をしています。もう76歳です。
関心を通り越して、困りもんです。

 

だって今だに夜勤をしているのです。
週一回に減らした。ということですが、今までは2回だったそうです。

 

76歳といったら、逆にもう介護される側でも不思議じゃないですからね。
体が心配です。しかし、お仕事が生きがいなのでほどほどに。くらいしか言えません。

 

母もよく職場を変えます。良い話が舞い込むからです。
知り合いから、うちに来ない!というお誘いの話があるのです。

 

今の職場は、時給が高く70歳過ぎの母は、年金なんていらないくらいです。
それに比べ父は・・・。
何もしていません。少しは母の手伝いでもすればよいのですが・・。
そんなもんです。昔の人は。

 

ヘルパーと言っても指名があります。
この人に来て欲しい!この人でないと嫌だ!
というご指名です。
母は、指名が多いと聞きます。この辺は好きな仕事をやっているからなのでしょう。
母には向いているのです。自信もあるのでしょう。素晴らしいことです。

 

私が高校生の頃
「何かいい事無いのかな〜!」
といっていた時期があります。そんな時に母は

 

「良いことは自分で作るもんだ!何もしなけりゃ何も起こらないよ。」
と言ってくれました。なぜか今でも鮮明に覚えています。
大人になってその意味がわかりました。
そんなことって多いですね。後でわかることって・・。

 

例えば

  • 子供が出来て母の気持ちがわかる事
  • 仕事をして家族をもって父の苦労がわかる事。など

 

電話してみるかな。