二級建築士・木造建築士になる

要するに大工さんです。(私の実家は工務店です。)
昔ほどの活躍場所はないと思いますがこの仕事で一人前になれば一生困ることはありません。
自分で独立する人も多数いますし、他の職人より報酬も高めです。
腕と人脈さえあれば自分で人生を切り開くことができます。

 

仕事の達成感は他の職業に比べてずば抜けています。
最初の仕事を覚える数年の辛抱です。
今はプレハブ住宅がふえて昔ほど技術は必要なくなりました。情けない話です。
昔は腕さえあればという感じでしたが今は営業も大事です。
この仕事にいいところは職人さん全体にいえますけれど定年がない!
体さえ丈夫であれば70歳だって働けます。目が見えなくなるときついですけれどね。
私が小さいときにサラリーマンていいな!なんて思ったときがあります。
完全に隣の芝は青く見える。ですね。自分がサラリーマンなんかやってるとこれは一生できないなと思う今日このごろです。

悪いところは

あまりお酒を飲みにいけない!車通勤なので一回帰ってから飲みに行くことになる。これは面倒です。

 

私が工務店をつがなかった理由。

  • 手先が父のように器用ではなかった。
  • 父と一緒に仕事はしたくなかった。(父が嫌いだった)

 


二級建築士・木造建築士になる関連ページ

三級自動車整備士
バスの運転手
移動式クレーン免許