資格なんて持ってても意味が無い?

『資格を取ればなんとかなる!』
『資格を取れば給料が良いところに就職できる!』
当たっていますが、当たっていません。
例えば私は、建築関係ですが回りに1級建築士がたくさんいます。
1級建築士と言えば建設関係のトップ資格です。
1級建築士を持っていれば就職が出来る!
実際は出来ます。 しかし、実際はそんな良い条件の会社ではありません。

 

 

昔は、大手ゼネコンの社員だった人がリストラ・倒産で転職・再就職する。
1級建築士の資格があれば採用はしてくれるでしょうが前の会社に比べると給料少なくなり重労働になってしまいます。建設関係は今、厳しいのです。

 

それと不景気に伴い、資格取得者が増えています。
取得者が増えるとその資格の希少価値が薄れてきています。
要するに多すぎるんです。

 

資格マニアなどもそうです。(ただ資格の倍率を上げるだけです。)
資格を取得してもまったく技術が伴わないでは、意味ないですし
資格を取る事は、良いのですが勉強で得た知識と実際に経験で得た知識とは雲泥の差です。

 

資格があればそれで安心!なんて世の中ではありません。
『資格をとって就職・転職・キャリアアップの為に資格を取りたい!
知識の獲得・自信にも繋がり、仕事への意欲蛾高まる。』
そのくらいの意識でやらないと意味ないです。

 

意識が無い人は、資格なんて持ってても意味が無いです。
『そんなことは、言われなくてもわかってるよ!』という人には ゴメンナサイ